クレジットカードで今すぐ現金を借りる

キャッシングは消費者金融のキャッシング、クレジットカードでキャッシング、銀行カードローンでお金を借りるといった方法がありますが、最近はクレジット会社もキャッシングに力を入れており、これまでのショッピングで利用するだけでなくキャッシングもできるようになっています。
最近のクレジットカードはショッピングに利用するだけでなく、キャッシングも利用できるカードも多く、給料日前に今すぐ現金が必要になったというときにキャシングサービスが利用できることは大変便利なカードと言えます。
クレジットカードを持っていればキャッシングカードを持つ必要もありません。
一般的にクレジットカードは審査で1カ月間に利用できる限度額が決まっており、その範囲内でクレジット枠とキャッシング枠の限度額が決まります。
たとえば利用限度額が50万円、そのうちキャッシング枠が40万円に設定されていたとした場合、キャッシングで30万円借入すると残りの20万円までショッピングで利用できますが、キャッシング枠をこえて借入することはできません。
クレジットカードのキャッシングで注意しなければならないのは、ショッピング枠は支払日に一括返済すれば金利はかかりませんが、キャッシングは日割り計算になり、締切日が20日支払日が翌月10日の場合、締切日から支払日までの金利も負担しなければならないので借入日が締切日前なのか締切日の後なのか、場合によってはまるまる1カ月分の金利を払うことになるので気を付ける必要があります。
カードローン 選び方

関連記事

絶対に忘れてはいけない返済プラン

すぐにお金
気軽に申し込めてしまうことや、今日中に融資してもらうことに意識が傾きすぎて忘れてしまいがちなのが返済プランです。返済は借り入れを行なうときに最も意識していなければならない、重要な要素です。そのため、返済することを念頭において利用計画を立てないと多重債務やブラック状態になるなど、深刻なトラブルに見舞われます。
ほとんどの金融会社のホームページには「返済シミュレーション」があります。返済シミュレーションは、希望する金額と金利、利用期間を記入することで毎月返済していく金額を計算し、表示してくれます。金融会社側でこうしたシステムを用意してくれていることで、自力で難しい計算をすることなく簡単に返済プランを立てることができます。審査でいくら返済能力があると判断されても、返済プランが立てられず、その結果返済を延滞して問題になるのは、利用者だけでなく会社側にも非常に大きなストレスとなります。そういったものから少しでも遠ざかり、安心して利用するためにも返済シミュレーションをうまく活用して、しっかりと計画を立てると良いでしょう。
「返済プランなんか考え始めたら時間がなくなる」、あるいは「少ししか借りないから大丈夫」と思われる方もいるかもしれません。このような考えを持つ方は、借り入れには向いていません。時間があろうとなかろうと、何よりも入念に考えなくてはならないのが返済プランです。それが立てられないような状況で借り入れを行なうのであれば、利用しない方が良いでしょう。
「少ししか借りないから大丈夫」というのは非常に危険な考え方です。返済に対しての意識が低い方は、どんなに小さな金額の借り入れ、例えば1万円であっても、返済に失敗しやすい傾向があります。そして問題を改善する行動をなかなか起こさず、どうしようもなくなった頃に別のところからさらに借り入れるという手段を利用し、多重債務者になります。ギリギリになってようやく行動を起こすものの、返済することへの意識の低さが邪魔をしてさらに失敗し、最終的には債務整理や自己破産に頼らざるを得なくなるケースが多くあります。
どれだけ入念に返済プランを立てても、経済状況がめまぐるしく変化していく中で、最初に定めた返済プランを維持していくことは非常に難しいものです。プランを立てていなければ、返済がさらに難しくなるのは目に見えています。また、最初の案に固執するのではなく、最低返済金額は維持しつつ、状況に合わせて返済プランを見直していくのも効果的です。どれだけ急いでいても返済プランはしっかりと立てるようにしましょう。

関連記事

収入証明不要のキャッシングを申込む

急にお金が必要になったとき、キャッシングを利用すればその日のうちでもお金を借りることができますが、即日融資を申込むときより確実に融資が受けられるために注意することがあります。

キャッシングは仕事をして収入があれば簡単に利用できますが、申込をすると審査を受けることになり、審査で必ず必要になるのが本人確認書類で運転免許証や健康保険証、パスポートなどを用意しておく必要があり、特に即日融資でお金を借りるときは審査がスムーズに終るように本人確認書類を事前にそろえておく必要があります。

また消費者金融のキャッシングは借入希望額によって収入証明書類が必要で、借入希望額が50万円をこえるときや、他社に借入が有るときは他社の借入残高との合計が100万円をこえるときは収入証明書類として納税証明書や源泉徴収票、給与明細書が必要になります。

これらの書類を揃えるのに時間がかかる場合もあるので、即日融資を希望するときはで50万円以下の借入希望額で申込むことで審査が早く終わります。

即日融資で口座振り込みを希望するときは、申込を前日の夜か当日の14時までに審査をおえて契約が済めばその日のうちに口座へ振込をしてもらえますが、もし銀行の営業時間外になったときは、インターネットで仮審査までを終えて、本人確認書類をもって無人契約機へ行き、本審査を受けたのちにカードの発行をしてもらって備え付けのATMや提携コンビニATMからお金を引き出す方法もあります。

関連記事